診療内容

  1. HOME
  2. 診療案内
  3. 脳神経内科

脳神経内科

脳神経内科は、脳や脊髄、頭から手足につながる神経、(その先の)筋肉の病気を診る内科です。身体を動かしたり、感じたりすることや、考えたり覚えたりすることがうまくできなくなった場合にこうした病気が疑われます。
「神経内科」とも言われ、「精神科・心療内科」と間違われやすいですが、精神的なこころの病気ではなく、脳や脊髄、神経、筋肉の病気によって身体が不自由になる病気を扱います。

脳神経内科でよくある症状

  • 頭痛
  • めまい
  • しゃべりにくい
  • 物が二重に見える
  • もの忘れ
  • 言語や認知力の障害
  • 手足のまひ
  • 筋肉の力の低下
  • 筋力低下による起立や歩行の障害
  • 痛みやしびれ
  • 感覚の低下
  • 自律神経の異常(排尿や排便、発汗や血圧調節の障害)

全身診断ができる脳神経内科から、各診療科へのご紹介も可能です。

脳や神経、筋肉は全身に関わるため、脳神経内科ではさまざまな症状を診察します。
脳神経内科の病気は全身に症状が現れるので、脳神経内科の病気とまぎらわしい、他の診療科に関わる病気の診断も必要になります。
そのため、脳神経の病気ではなかったときも、何科の病気なのかある程度、見極めがつきますので、必要な検査や専門医療機関への紹介なども可能です。

骨や関節の病気がしびれやまひの原因なら整形外科に、外科手術などが必要なときは脳神経外科に、精神的なものは精神科にご紹介します。
脳血管障害(脳卒中)発症直後(急性期)には原則入院治療・リハビリが必要ですので連携先の病院へお願いしておりますが、急性期治療後の再発予防は動脈硬化性疾患として得意な分野です。
頭痛の場合も原因を見極めて適切な治療に結びつけることができます。

脳神経内科が扱う代表的な4つの病気

脳卒中

突然、脳の血管が詰まったり(脳こうそく)、破れたり(脳出血、くも膜下出血)する脳の病気です。脳こうそくが7割と多く、脳出血やくも膜下出血は3割程度です。まずは脳卒中を起こさないように、生活習慣病や不整脈の管理をきちんと行います。
脳卒中発作を起こした方の再発率は、年間5-10%程度とかなり高いことがわかっています。再発しないよう、一人ひとりにあったお薬を使って病状をコントロールしていきます。

生活習慣病外来

認知症

認知症は、脳の神経細胞が壊れたり、機能異常が起きたりすることで発症します。老化によるもの忘れとは異なりますので、違いをきちんと診断することが大切です。
認知症の場合は、病気の原因にあわせて症状を軽減する薬や病気の進行を抑える薬を使います。
診断には時間がかかりますので、当院では「もの忘れ外来」としてお時間を取っております。

もの忘れ外来

てんかん

てんかんと言えば、意識をなくし、手足をつっぱらせたあと、ガクガクさせる全身けいれん発作が有名ですが、意識がある発作やけいれんのない発作もあります。認知症の原因となっている場合もあります。患者さんは100人に1人と言われ、意外と身近な病気です。
抗てんかん薬と呼ばれるてんかん発作が起きないように興奮を抑える薬を使います。てんかん発作のタイプによって、薬が異なるため、正しく診断することが重要です。

頭痛

頭痛には一次性頭痛(緊張型頭痛・片頭痛・群発頭痛など命の危険がない頭痛)と、二次性頭痛(くも膜下出血や脳腫瘍など命の危険がある頭痛)に分けられます。ご相談が多いのは、一次性頭痛です。片頭痛のための頭痛薬(頓挫薬)や予防薬があります。一方で鎮痛薬の飲みすぎが原因の薬物乱用性頭痛もあり、頭痛の原因を正しく診断して適切に治療することが大事です。
痛みがつらくて市販の鎮痛剤に頼っている方、今の頭痛が問題ないものかどうか心配な方は、どうぞお気軽にご相談ください。

脳ドック・健康診断の結果解説

検査を受けてみたものの、どうしたらよいかわからない…という場合もどうぞご相談ください。
そもそも治療が必要なのか、必要だとしたらどのような方法があるかなど、今後の方針を一緒に検討させていただきます。

介護する方の負担を軽減したいと思っています

認知症やパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など、脳神経内科が扱う病気の患者さんは、介護が必要となる方も少なくありません。

ご家族や、地域の医療・福祉関係者との連携や協力を大切にしながら、患者さんができるだけ快適に、介護する方の負担をできるだけ軽減できるようにサポートしたいと思っています。お困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

書類等作成について

介護保険の主治医意見書等の書類作成につきましては原則かかりつけの患者さんに限らせていただいております。
初診の方で当院での継続診療を希望される場合は脳神経内科の初診外来の予約をとらせていただきますので電話でお問い合わせください。

採用情報

私たちと一緒にはたらきませんか? 
お気軽にご応募ください

  • 医療事務(パート)